「薬用化粧品」と「化粧品」の違い

「薬用化粧品」と「化粧品」は同じだと思っている方もいるかもしれません。

 

また、化粧品のパッケージに書かれている言葉を信じて「薬用化粧品」か「化粧品」のどちらに分類されているか見ないで化粧品を購入する方も多いです。

 

化粧品について

「化粧品」としか書いていない商品は、肌の保湿や、清浄など、製品全体としてその効果が期待されていますので薬用化粧品のように有効成分は配合されていません。

 

 

薬用化粧品について

「薬用化粧品」は化粧品としての期待効果に加え、肌あれ・にきびを防ぐ、美白、デオドラントなどの効果を持つ「有効成分」が配合されています。

 

有効成分は、化粧品により配合されている成分は異なります。

 

シミや肝斑などの美白系の化粧品には「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステリアル」などが配合されることが多いです。

 

また「薬用化粧品」は化粧品と医薬品の間に位置する「医薬部外品」に位置づけられています。