フォトシンデレラクリームのシミ、肝斑に効果的な成分!副作用は大丈夫?

フォトシンデレラクリームがシミや肝斑に効果的と言われているけれど、本当に効く成分が入っているのかな?

 

或いはフォトシンデレラクリームの成分が強すぎたりして肌荒れや赤みなどの副作用が心配な方も多いと思います。

 

特に今まで色々な化粧品を使ったけれど肌に合うものが一つもなかったというかたも中にはいるかもしれません。

 

薬用フォトシンデレラクリームは、シミや肝斑に有効な2つの成分を含有。

 

肌に負担がかからないように

 

 

 

 

フォトシンデレラのシミや肝斑治療に有効な成分とは?

 

フォトシンデレラが肝斑の治療に役立つというのは、「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステリアル」の2つの薬用有効成分が配合されているからです。

 

 

トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステリアルの肝斑やシミへの効果

 

トラネキサム酸

 

 

トラネキサム酸は、メラニンの活性化を抑制する成分です。

 

つまり、色素沈着を抑制する効果をもっており肝斑に効果を発揮します。

 

皮膚には、角層などの肌を守るためのバリア機能がありますが、フォトシンデレラはバリアを通過してメラノサイト(色素細胞、メラニン細胞)に到達し肝斑の改善をしていきます。

 

 

グリチルレチン酸ステリアル

 

グリチルレチン酸ステリアルが肌のターンオーバーを正常にしてくれる効果があります。

 

つまり、肌細胞のダメージを修復しターンオーバー(新陳代謝)を正常にしてくれます。

 

 

その他成分の肝斑やシミへの効果

 

シンデレラケア

メラニンの運搬を抑制する成分シンデレラケアが「キネシン」を抑制します。

 

シンデレラケアはフォトシンデレラ独自の考え方でシンデレラタイムの22:00〜2:00頃の深夜帯で細胞のターンオーバーや成長ホルモンが最も分泌される美肌キープに重要な時間帯にメラニンの輸送たんぱく「キネシン」を抑制します。

 

 

チオタイン

 

もう一つのフォトシンデレラの肝斑の治療に役立つ成分として、皮膚細胞内の強い抗酸化を発揮するチオタインも配合しています。